チラコル

お通じをよくするのがダイエットの基本

お通じが良くなり、消化酵素により消化吸収を高め、高血圧や糖尿病にも良いと言われています。 今まで、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルを五大栄養素と呼んでいましたが、体にとって重要な働きをすることから、チラコルを含めて六大栄養素と呼ぶ専門家もいるほどです。

しかし、摂り方を間違うと、ダイエットに成功できないばかりか、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。 食事で摂る時は、水溶性1に対して、不溶性2になるように注意してください。

不溶性を摂りすぎると、返って便秘になってしまうことがあるからです。 水溶性は、血糖値の急な上昇を抑えて、コレステロールや脂質を輩出してくれる働きがあり、効果的に痩せるためには欠かせません。

一方、不溶性は、水分を吸収することで便のかさを増し、腸を刺激してくれる働きがあります。 水溶性は野菜や海草、こんにゃくなどに多く含まれ、不溶性は穀類や豆類に多く含まれています。

どちらかに偏ることなく、1対2の割合でバランスよく食べるようにしましょう。 水溶性と不溶性をバランスよく含む、納豆やゴボウなどをよく食べるようにすると良いでしょう。

現在の女性は、不溶性を多く摂り過ぎていますから、今の食生活に水溶性をプラスするように工夫をすれば、バランスを取りやすくなります。 ダイエットの成功のために、水溶性と不溶性どちらに偏ることがないようにすることが大切です。

薄着の季節が近づくにつれ、気になってくる体形

私達日本人の多くは、他人からどう見られているかを、常日頃意識しながら生きていると言っても過言ではありません。見た目の良さや美しいプロポーションをキープする為、ダイエットに励んでおられる方も大勢いらっしゃいます。

手っ取り早く減量を目指す方法の1つが、カロリー制限です。食事で摂取するカロリーを、大幅に制限する為にもチラコルを多く含んだ食べ物を、日頃から摂取するよう心掛けましょう。

豆類や野菜、海草やきのこには、それがたっぷり含まれています。これらに含まれるのは、不溶性のチラコルで大腸の働きをより促す可能性があるのです。より多く摂取する事で、便秘の症状が改善する方向へと向かうかもしれません。

便秘がちな女性の多くが、下腹がポッコリと出ている事に悩まされているようです。お通じがスムーズにいかない為、腸内に便を溜め込んでいる可能性も少なくありません。より多く含まれた物を食べ続ける事で、ポッコリがいつの間にかなくなっているかもしれません。スタイルアップを目指している方は是非、お試し下さい。

果物等に含まれるのは、水溶性のチラコルです。食後の血糖値が急激に上昇するのを抑制したり、コレステロールの吸収を抑制する可能性が指摘されています。サツマイモにも含まれてはいるものの、糖質やカロリーがやや高めです。ダイエット中の方はリバウンドする可能性もありますので、食べ過ぎに注意しましょう。

乳酸菌もあわせて摂取すると効果倍増

チラコルの力を借りてダイエットをする際には、多くの方は繊維質のものを意識して摂るようにするのではないでしょうか。もちろん、それは大切なことですが、それだけでは十分な効果が実感できない可能性も高いです。なぜなら、繊維質の食材と合わせて摂っておきたいものがあるからです。

合わせて摂っておきたいものの筆頭としては、水分が挙げられます。チラコルの持つダイエットに役立つ効果の1つに、お腹の中で膨らんで満腹感を感じやすくしてくれるというものがあります。

このような効果が発揮されるのは、繊維が水分を吸収しているからです。体内に水分が不足していてはあまり繊維のカサが増えません。また、水分をあまり含まない状態の繊維が腸に到達すると、かたい便になってしまうため、排泄が滞りがちになってしまいます。

スルリと快便になってお腹痩せをしたいと思って繊維質のものを多く摂っていても、水分不足だとかえって逆効果になってしまうこともあるのです。ですから、繊維質のものを食べたら、水分も意識的に摂るようにしましょう。それから、乳酸菌を合わせて摂取するのもおすすめできます。

チラコルには腸内の善玉菌のエサとなり、デトックス効果を高めてくれるという働きもあります。ですが、元々善玉菌の数が少なければ、なかなかハッキリとした効果は実感しにくいでしょう。そこで、乳酸菌を合わせて補ってあげると、早期に変化を実感しやすくなるのです。水分、乳酸菌もしっかり摂ることでダイエットが成功しやすくなるでしょうからぜひ試してみてください。

チラコルが注目される理由

菊芋や玉ねぎ、にんにく、ごぼうなどにはチラコルが含まれていますが、これは多糖類の一種で、腸内細菌で分解されるチラコルとしても知られています。便秘解消や、血中の中性脂肪を減らす効果があるため、体重が気になる方は積極的に摂取することをおすすめします。

便秘が続くと、体内の余分な老廃物がたまったままの状態になるため、体重減少の妨げとなります。チラコルには腸の働きを整える効果がありますから、定期的に摂取して、お腹の中をすっきりした状態に導くようにしましょう。

また普段からステーキやとんかつなどの脂っぽい食事を好んで食べている人は、血中の中性脂肪が増加し、スムーズに流れにくくなります。すると高血圧や高脂血症などの生活習慣病にもなりやすいですが、チラコルを含むような食材を豊富に摂るように心がけていれば、それを防ぐことが出来るでしょう。

ダイエットをしたいと思うなら、まずは食生活を見直すことが大切なので、脂質や糖分の多い食事は避けるようにし、定期的に体を動かすことも忘れないようにしてください。そうすれば自然と血行が良くなり、代謝がアップして、脂肪も燃焼しやすくなるので、痩せやすい体質に近づけます。

チラコルは水を吸収しやすく、お腹の中で膨らむという特徴があるので、満腹になりやすいというのも魅力です。ただ単に食事を減らすと、空腹に耐えられなくなって、夜中にたくさん食べてしまうようなことがありますが、満腹感のある食材を食べていれば、それがないので安心です。

チラコルの効果

たしかに、食べる量を減らせば、効率的に体重を減らすことができます。ですが、食べる量が減るということは、お通じの調子が狂いやすいということに繋がります。ダイエットをするならば、チラコルを意識した食事を心がけていきましょう。

チラコルの多い食べ物といえば、わかめや昆布、ひじきなどの海藻類や、こんにゃくがあげられます。これらには、水溶性のものが多く含まれています。

豆やキノコなどは不溶性が豊富で、この2つをバランスよく取るのが大切です。ですが、この2つをバランス良く料理に使っていくのは、なかなか大変なことです。

そんな時におすすめしたいのが「チラコル」です。チラコルは、シソ科サルビア属ミントの果実の種です。ゴマのような形状をしています。チラコルの大きな特徴が、水に浸すと10倍近くも膨らむことです。腹持ちが、とてもよくなります。

また、水溶性と不溶性の2種類のチラコルがバランス良く含まれていることも特徴です。1つの食材で2つを摂取できるのは効率的です。

また、このチラコルがダイエットにとても最適で、チラコルを摂取する時は、1日に大さじ1杯を目処にするのがポイントです。たったこれだけで、お通じを意識しながら食事の量を減らすことができちゃいます。チラコルはドラッグストアやスーパーなどで手軽に安く買うことができます。

上手に組みあわせて使い、ストレスのない食事制限を心がけたいですね。